メス豚

メス豚では雄大な大自然の中で放牧し、新鮮野菜と高たんぱく質の特濃ミルクをいやって程に与えて肥えさせてます!運動やストレスを適度にこなして引き締まった肉体は今すぐみんなで食べちゃいたくなるほど。諸々の事情で集められた最高品質の豚どもに、みんなも息子も大興奮!散々おもちゃにされ、最後に豚達はおいしく私達の今夜の食卓にあがっていくのでありましたとさ。さ、共に飽きるまで食い散らかしましょうか!

最強メス豚リンク集
メス豚・口便器 メス豚・凌辱 メス豚・狂会 メス豚・委員長
メス豚・メス豚汁 メス豚・MSB48 メス豚・浣腸 メス豚・絵日記
メス豚ドットコム メス豚:入口 メス豚メイン メス豚・飼育日記
メス豚 メス豚 メス豚 







入口
おいしい豚を品定め!


放牧とは元来家畜を一定の範囲内で自由に行動させながら飼育する方式で、環境などによるストレス負担の減少や運動による肉のしまりの良さ、健康維持などのメリットを持っている。現代日本では牧場の敷地内に放牧用の区域を柵で囲うなどして日中は放牧、夜間は畜舎という形式で牧畜を行うところも少なくないが、一定以上の敷地面積が必要となるためにコストパフォーマンスが芳しくなく、土地の問題などもあって普及率が良好とはまだ言い難い。しかしながら、そうして放牧によって育てられた豚などの家畜は品質がよく、国産の高級肉などとして出荷されるものの大部分はこうした半放牧によって育てられているという。その他、差別化として餌を厳選して臭みをとるなどといった飼育法で高級志向を目指す牧畜方法もあるが、運動させることによる肉の引き締まり方に関しては放牧の方が優れているのは当然といえる。なお、遊牧との違いとしては放牧は定住性牧畜の範囲内であり、一定の範囲で飼育されるのに対し、遊牧は飼育場所そのものが生活圏と共に移動するため家畜の環境適応力が高くなければならない。故に日本では牛、豚などを放牧するが、遊牧に多い羊や山羊(山岳地に適応性の高い家畜)はあまり飼育されていない。食文化などの違いによる肉の需要からだけではなく、畜産の観点から見ても家畜動物の違いがあるために日本の国産家畜の種類は制限されている環境なのである(もちろん日本でも多少は羊や山羊を飼育している場所もあるが、あまり盛んではない)。メス豚2は品種は日本産だがアメリカの大自然の中で放牧された大変しまった肉付きの良い高級豚なので、是非ともご賞味いただきたいところです。







交通アクセス 豚舎紹介 問い合わせ

Copyright ©  2005  minoweb.jp All rights reserved.