のぞきザムライ

のぞきザムライに任せておけばどんな場所でも隠し撮り!邪魔するものは全て一刀両断、タイルパターンや消しがあってもそんなの全て切捨御免!さぁ、貴殿らも拙者の後に続くがよい、望んでいた最高のシーンを共に見尽くそうぞ!



入口
武士道とは進むことと見つけたり…



一刀両断とは、文字通り一太刀で斬られた対象が二分された状態を表す。現代では「言葉の上で」ばっさりと切り捨てられた状況を表す際などにも用いられる事が多い。本来の刀による意味合いにおいては、示現流などといった一部の流派、ないしは抜刀術などにおいては可能であったとされるが、実際には至難の業であったとされる。所謂「二の太刀要らず」と呼ばれる思想に傾倒した流派はこれを目指すこととなるが、一般的な剣術においては(対人戦においては)その域に達することはほぼないだろうと言われている。据物斬りや藁束斬りなどといった払い斬りの技術面においては初歩的なものに分類され得るが、縦斬り、対人という要素が絡み合うと非常に困難となる。対人において最も容易な両断は大上段からの袈裟懸けとされるが、斜めに振るうことで断面距離をやや短く、滑る頭骨を避け、弱い鎖骨から通すことで難易度を大幅に下げていることが理由として挙げる事ができる。振りぬく際に身体全体を使用しないで腕だけで振りぬくと、若干浅くなってしまう為に綺麗に両断できない(腰が引けてしまう)。この時、踏み込み足と腰の落とし方が重要となってくる。当然映画や時代劇みたいに頭蓋から股間部までを両断するには桁違いの難易度が要求される。一刀両断とは世界の武器事情の中でも日本の侍のみが有していた高等技術でもあるのだ。鋭利な切断する刀剣の技術においては外国では中近東(シミター等)程度しかなく、両断するよりもむしろ手数を増やし、確実に敵に傷を負わせるための剣術だった。他の地域においては武器の重さによる断裂目的の武器か、もしくはナイフ程度の生活用品から延長した刃物が主だったために一刀両断の技術はなかったとされる(Iただし、西洋の大剣や中国の斬馬刀のような「重さで切る武器」でも両断を前提とした武器は存在する)。のちに防具の発達から銃器の登場などにより世界各地で刀剣類の出番は失われ、現代では物理的な一刀両断という状況は縁がない時代となっている。



出口
待て!逃げるか!


交通アクセス   店舗紹介   問い合わせ



Copyright ©  2005  minoweb.jp All rights reserved.