うんこたれ

うんこたれだっていいじゃない!ちょっとくらいオツムが緩かろうがお尻が緩かろうが可愛ければ万事Okだろ!?それじゃいっちょ、バビッっとイってみようぜ!



入口

ケツァルコアトルとは、アステカなどの南米神話における神の一柱。翼を持つ蛇の姿で現われると言われている。時代の流れと共に言い伝えが大きく変化した神で、アステカがコルテスに征服される前と後でまったく別の側面を持つ。古くは水と風、豊穣を司るといった自然神として敬われた。信者たちは定期的に生贄を捧げ、狩猟の成功など様々な祈りを捧げていたと言われている。時代の変化と共に文明をもたらした神、火をもたらした神などといった形に変化しており、太陽神としての側面も有するようになった。また、金星の象徴ともされる場合もあるという。変化後には生贄制度を止めさせた神として平和的な存在ということになっている。これらの伝承の変化については各地から外来人の流入における信者たちの印象や事件が大きく影響されていると考えられている。名前の由来はナワトル語で「羽毛のある蛇」と言われる。欧州伝承におけるコッカトリスなどはこのケツァルコアトルが訛ったものだとも言われている。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
EXIT



はじめに アクセス サイトマップ


Copyright ©  2005  minoweb.jp オールライトリザーブド