J素人PARADISE

J素人PARADISEが最高に嬉しいスペシャルプライス!1日辺り100円未満の安さで高品質な作品が見放題!

入口

花一匁(はないちもんめ)とは、子供たちが多人数で行う遊戯の一つ。少なくとも6人以上の偶数人数で行うことが望ましい。二つの陣営がそれぞれ横並びに列を成し、向かい合った状態で唄いながらじゃんけん等によって互いの人員を奪い合うというもの。どちらかの陣営がいなくなった時点で終了とする。地域によって唄の内容に誤差はあるが、基本的には「勝って嬉しいはないちもんめ、負けて悔しいはないちもんめ…」と交互に歌う形式はどの地域でもほぼ変わらない。由来は口減らしである人買いにまつわる歌とも言われており、花は女性、一匁は一文銭の重さとして、その価格範囲で娘が売られていった様子だと言われている。それ故に勝って=買って、負けて=マケてといった交渉成立のやりとりという解釈も相乗的にその説を後押ししていると考えられる。現代日本においては人買いは違法であり実質的にもほぼ行われていない。しかし、斡旋や派遣というのも「労働力を売買」するという点においては広義での人身売買ともいえる。援助交際や売春などにおいて、「新しい服を買うお金が欲しくて…」なんていう話も稀に聞くが、それこそまさに現代の花一匁といえるだろう。ただ、贅沢の為に自ら売るか、生活の為に親に売られるかという点において動機のみが異なるのである。余談ではあるが匁は3.75g相当で5円玉と同等であり、また真珠の質量単位としても国際単位として使用されている。古くから布、反物の質量としても使用されており、現在でも縫製業者においては使用されている単位である。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
出口


はじめに アクセス サイトマップ

Copyright © 2005 minoweb.jp All rights reserved.