熟女は人類科学の発展を担う重要な研究対象です。

熟女は高い知能指数と極めて活動的な運動能力を持つ知的生命体です。この素晴らしい神秘の全貌を解き明かすため学者チームを発足しました。


熟女TOPへ



生物学的分類の研究レポート

人妻女子大学 名誉教授 赤坂瑠奈 著
日本生態科学研究学会 監修


我が大学院の研究室ではこのモルモットを遺伝子レベルで徹底解剖し研究結果を発表・実証しております。このラボで今日まで独自に積み上げられた調査、そして実験の記録をここに紹介いたします。

熟女とは、生物学上分類では、脊椎動物・哺乳類・サル目(霊長類)・ヒト科・ヒト属・ヒト種に属する動物である。図鑑によると、その中でも特に30年以上生きた雌の成体を指す。長く生きた分、身体的な意味だけでなく知能的、性質的にも発達しているという特徴があり、生態系の頂点に君臨するヒトの学名「ホモサピエンス」(=知恵のある人)の名の通り智的で経験に富んでいる超人類とも言うべき個体である。成長過程は誕生→幼児期→幼年期→成体→熟年期→老年期というように進化していき、適度に発達するまでには長い年月をかけ成長する必要があるが、その分知識や経験指数に優れている。

また、近年学会で発表された学説に、この生物が炭素Cに物理変化した時、燃焼や加圧により酸素と結合した時、二酸化炭素(CO2)が発生するという驚くべき発見の論述がある。この気体は-79℃の気温のとき昇華し固体(=ドライアイス)に化学変化したり、植物の光合成による有機化合物への固定という事実が確認されており、この化学反応の原理が実証されればあらゆる技術に応用することができ、人類の文化文明を更に飛躍させる希望の星、期待のホープとして注目されている。

幼年期に細胞が発達を繰り返し成体へと変化を遂げるのであるが、熟年期はそれ以上発育することはなく、逆に老化がはじまる。知恵や経験値の発達に比例するように身体や身体能力は衰えていき、様々な機能低下が見られるようになる。代表的なものだと骨粗鬆症、動脈硬化、痴呆症、近年だとアルツハイマーなども有名である。
年齢の定義は定かではないが、だいたい30代以上の女性を指すことが多い。また30歳以上でなくても婚姻をしていれば熟女と呼ぶこともある。その素晴らしい性質に敬意を表して「淑女」と呼ばれることもある。先に述べたとおり、身体的には老化が始まるので体型は崩れてくるが、近年のアンチエイジングブームも手伝い年齢を重ねても若さを保つ成体も多くなっている。

中年とも呼ばれるが、単なる中年ではなく美しさや万能さなどの意味合いを含む場合が多い。また性格は強い積極性を持ち、時に本能に従った行動を起こすという特性がある。いちがいには言えないが、経験が多い分物事にあきていることも多く、通常の行為では物足りなくなるためだと思われる。
いずれにせよその生態についての研究は未だ途上段階であり、まだまだ解明できていない部分も多く残っている。


熟女画像で説明する実験の記録 マイナスイオン、プラスイオンによる電気分解の反応と結果
熟女の進化の歴史 地球上広範囲に亘って発掘されているこの生物の化石。アフリカ大陸
からユーラシア大陸に渡り最後にこの日本列島へ渡来した生体特徴の違いの検証。