裏DVDイェルムンガルド

裏DVDを見れど見れども見終わらない、その回り続ける姿はまさに北欧神話のイェルムンガルド!自らの尾を咥えて転がるイェルンムンガルドは終りの無いもの、果てしなく巨大な物とも言われ、心理学的には自己満足へ向かう行動の象徴とも言われているし、神話の蛇っていうのは元々男性器の暗喩の場合もあるんですよね。なるほど、そう考えるとこのサイトの名前も少しは納得できるってものでしょう?さぁ、皆さんも一緒に終わらないループの中に入り込みましょう!


裏DVD入口




裏DVDを無料で見放題!…な〜んて書くと皆さんは「どうせ結局はお金がかかるんじゃないのか」とか、「ふぅ、また騙しサイトか」なんて思う人もいるんじゃないかと思うんですが、それはちょっと違うんですよ。本当に無料で楽しみたいのなら安全な大手サイトからサンプルを探してみれば良いんですから。作品を全部通して見たいとか、本気で画質が気になるという場合にだけお金を払って入会したり購入したりすれば良いんですって。それまではサンプルだけでも充分楽しめるはずです。ここで紹介しているサイトはそこそこ古くから運営している老舗や、安全性に定評のあるサイトばかりなので、ワンクリ詐欺などの心配も必要ありませんから安心して覗いていってくださいね。
イェルムンガルドは世界の外周をまわって自分の尾を噛むという巨大な蛇で、北欧神話などにその姿をみることができる。その両端が繋がった姿から、無限、永遠に終わることのない繁栄の象徴としてもしばしば用いられる。同系の架空存在は多数存在しており、有名なところではウロボロスなどもこれと同種のものと言われている。また、各種の神話においては蛇そのものが男性の局部を示す暗喩か、獲物を丸呑みにする貪欲さ、もしくは良くも悪くも知恵・知識を与える役割として登場する場合がほとんどで、特に西洋では無垢である原初の人類をかどわかすよからぬ存在とされてしまうケースが多い。その反面、東洋では蛇は信仰対象にもなっており、特に知識と金運、健康面においてその御利益があると信じられている。脱皮の神秘性から不死性や転生論などに結びつくこともあるなど、循環や不変の象徴とされる点に関しては東西の洋を問わない。また、土着信仰が強い地域でもしばしば信仰され、そのような場合には水を司るものとして見られる事が多い。南米のアステカ神話に登場するケツアルコアトルや、中国における龍伝承などにその片鱗がうかがえる。近年では上記特徴にも挙げた貪欲さをイメージするものが多く、この数世紀において発生している蛇にまつわる怪奇現象や目撃談は巨大で大食いという印象の化け物が大部分を占め、ツチノコなどもその延長にあたる。珍しい例としては南米でイェルムンガルドの縮小版とも言える自らの尾を咥えた蛇が坂道を転がってきたという目撃例もあり、研究者たちの間でも様々な憶測が飛び交っている。蛇は中世以降、芸術のモチーフとしては神話同様の暗喩を秘めると共に、終末、裏切り、欺き、死などといったマイナスイメージの表現として組み込まれる場合が多数あった。しかし、これも東西で思想の違いが大きい為か、東洋においては金運を呼ぶ縁起物として置物や掛け軸などに用いられていた。そういった地域では特に白い蛇は縁起が良いとされ、神の使いとして下にも置かぬ扱いを受ける場合も少なくなかったという。西洋的思想の蛇の悪印象は蛸とも関連が深く、自らの身体を食むとか、滑る細長い気味の悪い生き物といった印象と共に神話伝承の類では海蛇と蛸が同じ化け物と思われている場合も少なくない。イェルムンガルドはこうした悪印象の中にあって、悪しき物として見られる場合も多いが、神々の争いから身を挺して世界を守っていたという見解も挙がっており、現代となっても善悪どちらとも判断つきかねる存在として神話学者たちの間で様々な討議の対象となっている。


Copyright (C) 2005 minoweb.jp all rights reserved.